26. フラダンス

フラダンスの練習にチームTシャツをデザイン

フラダンスのチームTシャツを作るとなった場合、
まずはデザインを考える必要があるのではないかと思います。
元々チームのロゴがあったりチームのカラーなどが決まっている場合は、
Tシャツのデザイン作りも簡単にできるのではないでしょうか?
 
しかしほとんどの場合は、オリジナリティあふれるデザイン作成に、
かなりの時間を費やすことになるのではないかと思います。
それでは、デザインはどのようにして考えていくのが良いのでしょうか?
 
まずは、デザインを提出する期限を決めるようにしましょう。
Tシャツのほしい期日を決めて、それを考えながらデザイン提出日を設定します。
また、一度提出してもそれを修正などしなければならないことも考えて、
できるだけ前倒しでデザインを作っていくのが良いのではないかと思います。
 
デザインを作るにあたって、デザインの作成方法についてみていきましょう。
単純に手書きでイラストなどをかくことのできるメンバーがいるのであれば、
イラストでオシャレなTシャツをデザインしてもらうのもよいのではないかと思います。
 
もしくは、最近はパソコンを利用してデザインしてしまうことも多いですので、
パソコンの扱いになれている方にイメージを伝えてデザインしてもらうのもよいです。
しかし、このデザインの方法ごとに注意する点があります。
 
手書きは、誰もが簡単にデザインできる方法なのではないかと思います。
上手い下手は人によって異なりますが、ペンがあればだれでも自由にデザインできるため、
まずはフラダンスメンバー全員に自分なりのデザインを手書きで書いて提出してもらう、
というのもよいのではないかと思います。
 
最初から最後の段階まで手書きでデザインする場合、
最終的に提出したデザインがそのままプリントされない可能性もあります。
出来上がりがこちらが思っていたものと違うということにもなり得ますので、
業者とよく話し合ってデザインを入稿してください。
 
ポイントは、基本的には黒のペン一色でデザインを作るという点です。
色遣いをカラフルにしたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、
それは別の用紙で依頼するようにしましょう。
例え紺色の模様を付けたいという場合でも、デザインで塗りつぶしたりしないでください。
 
また、手書きのデザインは基本的に真っ白な紙に描いてください。
線のあるノートなどを利用するとその線がプリントされてしまう可能性もあります。
ご自身の思いをしっかりとTシャツに反映させるためにも、
まずは手書きの入稿方法を業者とよく話し合いましょう。
 
それでは、パソコンを利用してデザインを行う場合はどうでしょうか?
現在では手書きで入稿するよりも主流のスタイルといえるのではないかと思いますが、
中にはパソコンの扱いになれていないという方もいらっしゃるのではないかと思います。
 
パソコンのソフトにも様々なものがありますが、
主流なのはイラストレーターやフォトショップになるのではないでしょうか?
しかしフォトショップを利用した場合は解像度などの条件が加わることがあるため、
イラストレーターを利用している業者が多いのではないかと思います。
 
中には、ワードやエクセルなどを利用してデザインを作るという方もいらっしゃいますが、
文字などを入れる際に文字化けしたりする可能性も高いです。
そのため、基本的にはワードやエクセルでのデザインは不可と思っておきましょう。
 
例えばイラストレーターを利用してデザインを考える場合には、
設定している文字の書体が変わってしまうことも考えられますので、
文字などをしっかりとアウトライン化しておくことが大切です。
また、背景を白のままにしておくとイラストの周りに白い縁が出ることがあります。
そのため、背景の設定もきちんとしておく必要があります。
 
フラダンスチームのメンバーでじっくりと考えたデザインですので、
自分たちの考えた通りのデザインをプリントしてほしいのではないかと思います。
もちろんプリント前にしっかりと打ち合わせをすることになるのではないかと思いますが、
納得いくデザインを反映できるように、不明な点はどんどんと相談していきましょう。